RTGとは

  RTG設立の起源
私は、小学校時代、高校時代に親の仕事で上海や北京に住んでいました。高校時代、学校に通いながらテニスの練習に打ち込めるという環境はほとんど皆無で非常に悔しい思いをしました。その後、下手なりにもテニスに対して気持ちを抑えられずにアメリカにテニス留学をし、大学は筑波大学体育会テニス部でテニス漬けの毎日でしたが、常に自分の中で「いつか北京でテニススクールを開き、自分と同じような思いをしている人にテニスを思いっきり学べる環境をつくりたい!」という気持ちで大学卒業後、その気持ちだけで何も考えずに北京の地に戻ってきました。それが、レインボーテニスガーデン(RTG)の起源です。

  RTGの特徴

スポーツ科学   道具へのこだわり   トレーニング   国際性

システム

RTGでは、目的とレベル、年齢に合わせて3つのコースと10個のクラスを設けています。レベルが上がっても常に上のクラスが用意されており、さらに上のクラスに上がっていく喜びがモチベーションとなります。

テニス上達に必要な4つの要素①試合経験②フィットネス③メンタル④技術・戦術を全て高レベルに提供しています。

PAGE TOP


Play&Stay

ITF(国際テニス連盟)が推奨する、Play&Stayのシステムを取り入れ、レベル、年齢に合ったラケット選びから、4種類のボールを利用することで小さい子どもでもより簡単にラリーや試合を楽しむことができます。

PAGE TOP


スポーツ科学

ある運動を意識しなくてもできるようになるためには、1万回の反復練習が必要とスポーツ科学で証明されています。また、ある動きができないのには筋肉のバランスの問題であったり、苦手意識の問題であったり、様々な要因があります。このような、コーチの経験だけでなく研究で証明されている絶対的な知識が様々な人を教える時には大事なのです。

PAGE TOP


国際性

日本、中国、アメリカなど各国でテニスをしてきた経験を生かし、さまざまな国籍を持つ人が一緒にテニスをできるような環境を目指します。

10年後、20年後、世界を変えていくのは今の子供たちです。感受性豊かな時期だからこそ、色々なバックグラウンドを持つ子供たちと触れ合うことで、少しでも明るい未来が作れたらと願っています。

トップへ戻る