全日制テニスアカデミー

プロコース紹介動画

プロコース

>目的 プロになる事を目標に、特待生として大学への進学も視野に入れる

>タイムテーブル
(例)
08:00~09:00 プライベートレッスン
09:00~12:00 勉強
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 中国語の勉強
14:30~17:30 グループ練習

     


>料金

トレーニング費用
(半日)
 寮 戦績条件 勉強
(英語での授業)
契約期間
9万元 4万 なし 7万
6.3万元 4万 全国大会出場レベル 7万
4.5万元 4万 全国大会シングルスベスト4、
ダブルスベスト4レベル
7万 2年間
3.15万元 4万 全国大会シングルスベスト4、
ダブルスベスト4レベル
7万 4年
無料 2万 全国大会優勝 7万 10−15年間

勉強に関しては、ニーズに合わせてスケジューリングしますので詳しくはお問い合わせください

>進路

⑴プロ
テニスの賞金で生活していけるレベルになるためには、世界トップ100に入らないと難しいと言われています。トップ100に入るレベルになるための、各年代での成績の目安を下記の表で確認して見てください。もちろん、これに当てはまらなくてもトップ100に入れるかもしれませんが、参考にして見てください。

男子 女子
ITF Ranking ITF Ranking
17-18才 1-50 1-30
15-16才 100-200 70-120
14才  Les Petits As ベスト4  Les Petits As ベスト4
13才 500-1000 300-500
12才 オレンジボールBEST4 オレンジボールBEST4

⑵国内(中国)の大学
国内の大学は、海外の大学に比べて最も実現しやすい進路と言えるでしょう。特待制度で勉強の得点にテニスの実力で加点することができます。
テニス、勉強のレベルと入れる大学の目安を下記の表で確認して見てください。

勉強 テニスのレベル
一本A类 根据学校要求前几名需要当地一本线的65% 5.0以及5.0以上水平,国家一级运动员。职业球员有可能直接进入大学
一本B类 根据学校要求前几名需要一本线的65% 4.0至4.5水平,国家二级运动员
二本 根据学校要求前几名需要当地一本线的65% 3.5至4.0,国家二级网球运动员

⑶アメリカの大学
アメリカにはテニスのレベルで奨学金をもらい大学に進学できるという制度があります。
テニスと大学のレベルによって10%から最大で100%の奨学金をもらい入学することができます。また、遠征などの旅費、宿泊費なども学校からもらえることもありスポーツに対する学校からの支援が充実しています。

男子 女子
ITF Ranking ITF Ranking SAT
Division1 1-100 1-200 最低1000
Division2 100-300 200-500 最低960
Division3 300-2000 400-2000 最低960

パターンA

12歳~15歳 RTGで練習をしながら、中国語を習得、英語の基礎を学ぶ
15歳         当スクール提携先であるWeil Tennis Academyへ留学
18歳         アメリカの大学へ入学

パターンB

~18歳       RTGで練習をしながら、中国語と英語を習得
18歳        アメリカの大学へ直接入学

⑷日本の大学
プロレベルの選手を一部の大学が買収する事はありますが、一般的に日本の大学にはアメリカのような奨学金制度はありません。ただ、日本の大学スポーツのレベルは非常に高く、テニスも例外ではありません。また、ほとんどの運動部は学生主体で運営されており、日本の大学では自立、秩序、礼儀、きめ細やかさなどテニス以外の部分でも成長することができるでしょう。

日语水平 网球水平
一线大学 日语考试1级 5.0以及5.0以上水平 早稻田大学
二线大学 日语考试1级 4.0至4.5水平 明治大学、法政大学
三线大学 日语考试1级 3.5至4.0 亜細亜大学

パターンA

12歳〜15歳 RTGで練習をしながら、日本人教師による日本語の勉強
15歳         当スクール提携先である〇〇高校へ留学
18歳         日本の大学へ入学

パターンB

12歳〜15歳  RTGで練習をしながら、日本人教師による日本語の勉強
15歳〜18歳  RTGで練習をしながら、日本の通信制高校に入学し勉強
18歳      日本の大学へ入学

トップへ戻る